鋼橋溶接部の非破壊検査のための超音波自動探傷システムの性能確認 ROUND ROBIN TEST OF AUTOMATIC ULTRASONIC TESTING SYSTEMS OF COLLABORATIVE STUDY ON NONDESTRUCTIVE EVALUATION OF WELDED JOINTS OF STEEL BRIDGES

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

鋼溶接部における非破壊検査手法が放射線透過試験から超音波自動探傷試験に移行しつつある. しかしながら, 鋼道路橋においては, 溶接きず合否判定の基準が未整備であり, 検査するための要領書も未整備である. きず合否判定基準と検査要領を整備するため, 国土交通省などを中心とした共同研究が行われている. 超音波自動探傷要領整備に関して, 現在用いられている超音波自動探傷システムに対して2回の回送試験が行われた. 本報告は, 回送試験の目的, 概要および結果を述べるものである.

Ultrasonic test will be applied to evaluate welded joints of steel bridges. As the recent tendency of bridge construction, 2 or 3 main girder bridges are constructed. Flange plates of those bridges are welded at site. Automatic ultrasonic test (AUT) will be applied for the evaluation of field welded joints. However, there are not appropriate specifications for AUT. A collaborative study was started. The final goal of the study is establishment of AUT specifications for welded joints of steel bridges based on performance-based design. As the step of the study, round robin test was carried out. This paper describes the outline of the round robin test.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (731), 103-117, 2003-04-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  26件中 1-26件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012499648
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    6574441
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ