テフラ鍵層に基づく房総半島の上総層群大田代層・梅ヶ瀬層と豊房層群加茂層との対比 Correlation Based on Key Tephra Layers between the Otadai-Umegase Formations of the Kazusa Group and the Kamo Formation of the Toyofusa Group in Boso Peninsula, Central Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

房総半島南端地域に分布する下部更新統豊房層群加茂層の詳細な地質年代を明らかにするため,加茂層中のテフラと,房総半島中央部に分布する上総層群中のテフラとの対比を行った.火山ガラスの形態および重鉱物組成を検討し,火山ガラスあるいは主要重鉱物の化学組成を分析した結果,加茂層中の6枚のテフラは,上総層群に挾在する以下のテフラにそれぞれ対比されることが判明した.すなわち,加茂層下部のテフラ鍵層Ny7と大田代層上部のテフラ鍵層O7,加茂層上部のテフラ鍵層Ny4JおよびNy4Bと梅ヶ瀬層中部のテフラ鍵層U8およびU7,加茂層上部のテフラ鍵層Ny3D,Ny3BおよびNy3Aと梅ヶ瀬層中部のテフラ鍵層U6D,U6BおよびU6Aという組み合わせである.上述したテフラの対比結果は,豊房層群加茂層が上総層群の大田代層上部~梅ヶ瀬層に相当することを示している.また,これまで年代が不明であった加茂層下部に認められていた正磁極帯は,マツヤマクロン中のハラミロサブクロンであることが判明した.

Six tephra layers in the Lower Pleistocene marine sediments between the southernmost part of the Boso Peninsula and the central part of the peninsula, central Japan, are correlated in terms of petrographic and petrologic analyses: the Ny7, Ny4J, Ny4B, Ny3D, Ny3B, and Ny3A key tephra layers in the Kamo Formation of the Toyofusa Group can be correlated with the O7, U8, U7, U6D, U6B, and U6A key tephra layers in the Kazusa Group, respectively. Tephrostratigraphic data strongly suggest that the Kamo Formation can be correlated with the upper part of the Otadai Formation to the Umegase Formation of the Kazusa Group, and the normal polarity interval in the lower part of the Kamo Formation correlates with the Jaramillo Subchronozone of Matuyama Chronozone.

収録刊行物

  • 第四紀研究 = The Quaternary research

    第四紀研究 = The Quaternary research 42(6), 375-387, 2003-12-01

    Japan Association for Quaternary Research

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012511194
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0034136X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04182642
  • NDL 記事登録ID
    6784865
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-67
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ