カーボンファミリー, それぞれの多様性 Carbon Families, Their Own Diversity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

カーボン材料は4つのC-C結合,すなわち曲面性sp<SUP>2</SUP>,sp,平面性sp<SUP>2</SUP>およびsp<SUP>3</SUP>によって4つのファミリー,すなわちフラーレン,カルビン,グラファイトおよびダイヤモンドに分類される。それぞれのファミリーはそれぞれ固有の多様性をもっている。

収録刊行物

  • 高分子

    高分子 52(12), 878-882, 2003-12-01

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • <no title>

    INAGAKI M.

    New Carbons-Control of Structure and Functions, 2000

    被引用文献2件

  • <no title>

    稲垣道夫編

    解説 カーボンファミリー, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    篠原久典

    フラーレンの化学と物理, 1997

    被引用文献18件

  • <no title>

    稲垣道夫

    炭素 1985(122), 114-122, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    白石稔

    炭素材料入門 29, 1984

    被引用文献1件

  • <no title>

    TOYODA M.

    Carbon 40, 628-629, 2002

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012561433
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    6779387
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ