宇宙飛行による圧反射機能低下の中枢内機序を解明するための実験計画 : アデノウイルスベクターを利用した in vivo 実験の応用 Experimental protocol for understanding central mechanisms of spaceflight-induced attenuation of baroreflex : Using In Vivo gene transfer technique by adenoviral vector

この論文をさがす

著者

    • 和気 秀文 WAKI Hidefumi
    • 福島県立医科大学・医学部・生理学第一講座 Department of Physiology, Fukushima Medical University School of Medicine
    • 片平 清昭 KATAHIRA Kiyoaki
    • 福島県立医科大学・医学部・実験動物研究施設 Experimental Animal Center, Fukushima Medical University School of Medicine
    • 山崎 将生 YAMASAKI Masao
    • 福島県立医科大学・医学部・生理学第一講座 Department of Physiology, Fukushima Medical University School of Medicine
    • 三宅 将生 MIYAKE Masao
    • 福島県立医科大学・医学部・生理学第一講座 Department of Physiology, Fukushima Medical University School of Medicine
    • 清水 強 SHIMIZU Tsuyoshi
    • 福島県立医科大学・医学部・生理学第一講座 Department of Physiology, Fukushima Medical University School of Medicine

収録刊行物

  • 宇宙航空環境医学

    宇宙航空環境医学 39(4), 207, 2002-12-01

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012622970
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00019323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03870723
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ