社会集団としての学生集団における Clostridium difficile の消化管保有および伝播 Intestinal Colonization and Transmission of Clostridium difficile among Students as a Community

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 喜多 裕之 KITA Hiroyuki
    • 金沢大学大学院医学系研究科環境医科学専攻感染症制御学講座細菌感染症制御学分野 Department of Bacteriology, Graduate School of Medical Science, Kanazawa University

抄録

同一の大学の特定の学年の学生を対象に、連続する5年間に渡り、合計410人の健常学生についてClosridium difficileの消化管保有を糞便培養により検討し、分離菌株を1980年の学生分離株をも含めて、毒素遺伝子型別、PCRリボタイピング、PFGE法を用いて解析した。更に、大学施設環境におけるC. difficileの存在について検討した。その結果、C. difficileの伝播は社会集団において健常成人の間で起こりうること、その際、環境が感染源として重要な役割をはたしていること、消化管保有は単一クローン性であり、その多くは一過性であることが示唆された。

収録刊行物

  • 防菌防黴 = Journal of antibacterial and antifungal agents

    防菌防黴 = Journal of antibacterial and antifungal agents 32(3), 105-113, 2004-03-10

    防菌防黴研究会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012701525
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00224774
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03855201
  • NDL 記事登録ID
    6978018
  • NDL 雑誌分類
    ZR5(科学技術--生物学--菌類・微生物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1164
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ