動的密度汎関数理論と高分子界面のシミュレーション Dynamic Density Functional Theory and Simulations of Polymer Interfaces

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

密度汎関数理論は,高分子の界面や相分離のドメイン構造を計算するための強力な手法であり,高分子材料の設計に幅広く応用されている。本稿では,ミクロ相分離の構造相転移の問題や高分子ブラシの問題を例にあげて,密度汎関数理論の動的拡張の方法と最近の成果について解説し,さらに今後の展望を示す。

収録刊行物

  • 高分子

    高分子 53(4), 250-253, 2004-04-01

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  17件中 1-17件 を表示

  • <no title>

    FLEER G. J.

    Polymers at Interfaces, 1993

    被引用文献17件

  • <no title>

    川勝年洋

    高分子物理の基礎, 2001

    被引用文献3件

  • <no title>

    MATSEN M. W.

    Macromolecules 29, 1091, 1996

    被引用文献10件

  • <no title>

    HAMLEY I. W.

    Macromolecules 26, 5959, 1993

    被引用文献2件

  • <no title>

    IMAI M.

    J. Chem. Phys. 119, 8103, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    QI S.

    Macromolecules 30, 4491, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    NONOMURA M.

    J. Phys. : Condens. Matter 15, L423, 2003

    被引用文献2件

  • <no title>

    FRAAIJE J. G. E. M.

    J. Chem. Phys. 99, 9202, 1993

    被引用文献8件

  • <no title>

    HASEGAWA R.

    Macromolecules 30, 3086, 1997

    被引用文献8件

  • <no title>

    本田隆

    高分子論文集 56, 674, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    MORITA H.

    Macromolecules 34, 8777, 2001

    被引用文献3件

  • <no title>

    MORITA H.

    Macromolecules 35, 7473, 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    本田隆

    第52回高分子学会討論会, 2003, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    SHIMA T.

    Macromolecules 36, 9199, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    NEELOV I. M.

    J. Chem. Phys. 108, 6973, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    GROOT R. D.

    J. Chem. Phys. 110, 9739, 1999

    DOI 被引用文献1件

  • <no title>

    JUPP L.

    J. Chem. Phys. 119, 6361, 2003

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012706382
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    6911147
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ