人工靭帯を用いた Neer type II鎖骨遠位端骨折の治療経験 Open reduction and internal fixation with artificial ligament for type II distal clavicular fracture

この論文をさがす

著者

    • 谷口 友基 TANIGUCHI Tomoki
    • 金沢医科大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Kanazawa Medical University, School of Medicine
    • 岡田 正人
    • 金沢医科大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Kanazawa Medical University, School of Medicine
    • 荻野 法之
    • 金沢医科大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Kanazawa Medical University, School of Medicine
    • 安元 定幸
    • 金沢医科大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Kanazawa Medical University, School of Medicine
    • 松本 忠美
    • 金沢医科大学医学部整形外科学教室 Department of Orthopaedic Surgery, Kanazawa Medical University, School of Medicine

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 46(1), 57-58, 2003-01-01

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012752149
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ