硬膜管外神経根障害による近位型頚椎症性筋萎縮症における術前CTを用いた上関節突起前方突出度の検討 Evaluation using CT scan on the position of the superior articular process in cervical spondylotic amyotrophy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加藤 相勲 KATO Minori
    • 大坂市立総合医療センター整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Osaka City General Hospital
    • 乗上 啓
    • 大坂市立総合医療センター整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Osaka City General Hospital
    • 松田 英樹
    • 大坂市立総合医療センター整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Osaka City General Hospital

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 46(2), 321-322, 2003-03-01

    中部日本整形外科災害外科学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • 頚椎症性筋萎縮症の臨床的検討

    高橋 雅人 , 里見 和彦 , 滝 徳宗 , 長谷川 雅一 , 宝亀 登 , 市村 正一

    東日本整形災害外科学会雑誌 = Journal of the Eastern Japan Association of Orthopaedics and Traumatology 22(2), 168-174, 2010-06-30

    参考文献25件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012752613
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ