多発性骨髄腫に合併した間質性肺炎の1例 Interstitial pneumonia associated with multiple myeloma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は81歳,男性.検診で胸部異常陰影を指摘され受診した.胸部単純写真とCTで両側下葉を中心にスリガラス様陰影が見られ,胸腔鏡下肺生検を行ったところ,間質性肺炎と気腔内のフィブリン様析出が認められた.一方,入院時検査でIgG-k型の多発性骨髄腫と診断し,術後からMP療法を行ったところ肺野陰影も消失した.以上の経過から多発性骨髄腫に合併した間質性肺炎と考えられた.多発性骨髄腫の肺病変は稀であり報告する.

収録刊行物

  • 日本内科学会雑誌

    日本内科学会雑誌 92(11), 2247-2249, 2003-11-10

    The Japanese Society of Internal Medicine

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012755814
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195836
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00215384
  • NDL 記事登録ID
    025075514
  • NDL 請求記号
    Z19-222
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ