ポーラスコンクリート舗装の品質特性と供用性に関する報告 Properties and Performances of Porous Concrete Pavement

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

高空隙なセメントコンクリートによるポーラスコンクリートは, 排水性アスファルト混合物に比べて高い耐久性と透・排水性や低騒音性といった機能を併せ持つため, 高機能舗装としての適用が注目されている。実用化へ向け, ポーラスコンクリートを車道へ適用するための材料・施工技術の実験的検討を行い, 一般舗装や排水性舗装の要求性能を満足するポーラスコンクリート舗装の基本技術はほぼ確立されたといえる。本報告は, 車道用ポーラスコンクリートの品質およびポーラスコンクリート舗装の供用性を整理し, 耐久性, 雨天時の走行安全性, 沿道環境保全および熱環境緩和効果など本舗装がもたらす効果について述べたものである。

Concrete pavement using the porous concrete is considered as the promising technique, because it has the permeability and drainage ability as well as its durability. Based on the various executed efforts about material and construction method, the basic technology meeting the required performance has been almost established. In this paper, after the quality and the performances under the traffic of the roads are summarized, the advantages of this pavement like durability, driving conformability in a rainy day, low-noise surface and so on are discussed.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 42(7), 24-31, 2004-07-01

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  21件中 1-21件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012757037
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    7020778
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ