制震ダンパーによる鋼アーチ橋の耐震性向上 : 橋軸直角方向地震動に対する検討 SEISMIC PERFORMANCE UPGRADING OF STEEL ARCH BRIDGES USING STRUCTURAL CONTROL DAMPERS AGAINST TRANSVERSE DIRECTIONAL EARTHQUAKE MOTIONS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 軸力降伏型である座屈拘束ブレース (BRB) による上路式鋼アーチ橋の耐震性向上策について検討したものである. BRBは, 鋼ブレース材をモルタル充填の鋼管などの拘束材で覆い, 圧縮時の座屈を防止した制震ダンパーである. 土木鋼構造物に適したBRBの性能に関する解析的および実験的研究は著者らによって行われ, その復元力特性も提案されている. 本論文では, それらの成果を踏まえ, 上路式鋼アーチ橋の対傾構ならび下横構にBRBを設置することにより, 大地震時に主構造に発生する変形と力 (変位, ひずみ, 支承反力等) をあるレベルまで減少させ, 耐震性能の向上を図ることができることを複合非線形動的解析 (幾何学的非線形と材料非線形を同時に考慮した動的解析) によって明らかにしている.

Steel arch bridges constructed before the Kobe earthquake were designed with only moderate earthquake consideration, and they may suffer severe damages if subjected to major earthquakes. Seismic performance upgrading and retrofit approaches are of great significance for aseismic consideration against major earthquakes. Presented in this paper is a seismic performance upgrading approach for steel arch bridges using buckling-restrained braces as dampers. Inelastic behaviors of a representative steel arch bridge with buckling-restrained braces subjected to the major earthquake are investigated by three-dimensional modeling time-history analyses, and compared with the result from the original structure. It is found that replacement of diagonals of some parts by buckling-restrained braces can greatly improve seismic performances of the steel arch bridge. As a result, this approach is believed to be an effective way for seismic performance improvement of new bridge designs as well as retrofit of existing ones.

収録刊行物

  • 土木学会論文集 = Proceedings of JSCE

    土木学会論文集 = Proceedings of JSCE (766), 245-261, 2004-07-21

    公益社団法人 土木学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012801384
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10014020
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02897806
  • NDL 記事登録ID
    7052333
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-6
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ