腹側から背側への伸展バンド付きコルセットが腰痛患者の腹腔外圧に与える影響について The effect of lumbosacral corset with a abdominal to back tensile band on extra-abdominal pressure in patients with low back pain

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我々は, 従来型コルセットに腹部から背部へと牽引を加えるためのバンドを付加した伸展型コルセットを考案した. 71例の腰痛患者に従来型と伸展型コルセットを装着させ, 腹腔内圧と相関すると報告されている腹腔外圧を計測し, ウエスト/ヒップ比 (WH比) による腹部肥満度との相関性を評価した. その結果, WH比が小さい患者ほど, 伸展型の方が従来型コルセット装着時より腹腔外圧が上昇した. 過去に我々は, WH比が小さい腰痛患者では伸展型コルセットの方が従来型コルセットより有効であったと報告した. 今回の結果から, その理由は, WH比の小さい患者では伸展型の方が従来型コルセットよりも腹腔内圧を上昇させるためであると考察した.

収録刊行物

  • 日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development

    日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development 20(2), 90-94, 2004-04-01

    Japanese Society of Prosthetics and Orthotics

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012862375
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1006683X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09104720
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ