横浜市におけるマンモグラフィ併用乳癌検診の成績 Breast Cancer Screening with Mammography in Yokohama City : Results and Problems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【目的】横浜市では平成13年10月よりマンモグラフィ併用検診を開始した。平成15年3月31日までの受診者は18,417人である。今回われわれはこの検診成績を報告する。<BR>【対象と方法】満50歳以上の偶数年齢の女性を対象に, 触診とマンモグラフィ (内外斜位像一方向) を併用した。視触診を先行し, 視触診で異常所見を認める場合は検診マンモグラフィを撮らずに医療へ移行することとした。マンモグラフィの読影は二重読影とした。<BR>【結果】検診における要精検率は12.6%, 乳癌発見率は0.28%であった。要精検率・再撮率は平成13年度後期に比し, 平成14年度は低下していた。乳癌が発見された53例のうち, 視触診で異常なしとされていた例は17/53例 (32.1%), 一次読影で良性とされていた例が11/53例 (20.8%) あった。<BR>【考察】視触診で異常がない受診者から乳癌が17例見つかっており, マンモグラフィ併用検診の有用性が示された。二次読影で乳癌の20.8%が発見され, 二重読影が有用であった。経時的に検討すると, 乳癌発見率が変わらないのに比し, 要精検率・再撮率が減り, 検診の質が向上したと考えられた。

Screening mammography for breast cancer examinations has been carried out in Yokohama City since October in 2001. 18, 417 eligible women were screened, 12.6% required more detailed examination and 0.8% were diagnosed with cancer. 17 cases of breast cancer were found among the examinees that were not found any problems by physical examination, showing the efficacy of screening with mammography. 20.8% of breast cancers found on this program were detected by double-checking system on mammogram reading. The quality control of the screening system has been effective to reduce false-positive rate on this program.

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 13(1), 20-24, 2004-03-20

    Japan Association of Breast Cancer Screening

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012864533
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ