紙中薬品の分布状態の分析(II) : in-situ 観察によるサイズ効果, 紙力発現機構へのアプローチ Analysis of Distributions of the Paper Chemicals on Paper (II) : Approach to the Size Effect and the Appearance of Strengthening Mechanism by in-situ Observation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来,製紙用薬品(サイズ剤,紙力増強剤)の性能の発現は,紙中にどれだけの薬品が何%含有されているかと言う"量"の影響が大きいと考えられてきたため,性能評価の一環としては,"量"の評価が行なわれ,実際に定着している"形"については,深い検討はなされていなかった。これは,従来の分析技術では,パルプの微細な構造の観察,パルプ上での薬品の形態や分布について,自然な状態で知る事が容易ではなかったという事情もあった。<BR>近年の分析技術の発達により,紙・パルプ繊維の表面について,詳細な分析が容易に行なえるようになり,特にSPM(走査型プローブ顕微鏡)によりミクロフィブリル上の薬品の詳細な観察などの分析が可能に成ってきた。<BR>本報では,新規に導入したESEM(環境制御型電子顕微鏡)により紙の<I>in―situ</I>観察を行った。その結果,パルプ繊維中におけるサイズ剤や,紙中における紙力増強剤の分布状態について新たな知見が得られたので検討結果を報告する。<BR>内添サイズ剤は,パルプ繊維表面に分布するものとパルプ繊維内部に分布するものとに分けられることが分った。紙力増強剤は,紙の内部に存在するパルプ繊維間強度を強化している可能性があることが分かった。

The fixing of paper chemicals (sizing agent and strengthening agent) has been evaluated, in terms of "quantity", such as content % in paper, and the form of fixation has not intensely studied.<BR>Also, the fundamental observations of detailed pulp structure and distribution of paper chemicals on the pulp were not simple tasks.<BR>In recent years, the progress of analytical technologies has been enabling the detail evaluation of paper and pulp surface in simple process and the observation of paper chemicals on the micro-fibril has become possible by utilizing Scanning Probe Microscope (SPM) . <BR>The newest analysis results for distributions of sizing agent and strengthening agent on the paper and pulp fiber by utilizing Environmental Scanning Electron Microscope (ESEM) is reported in this presentation.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌

    紙パ技協誌 58(4), 500-507, 2004-04-01

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012869353
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    6915011
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ