沖縄県におけるレプトスピラの保菌動物調査 A Survey of Leptospiral Reservoir Animals in Okinawa Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

沖縄県におけるレプトスピラ保菌動物の現状を把握することを目的として小型哺乳類のレプトスピラ保有状況調査およびイノシシの抗レプトスピラ抗体保有調査を実施した。小型哺乳類の調査において、219匹中9匹(クマネズミ3、オキナワハツカネズミ3、ドブネズミ1、リュウキュウジャコウネズミ2)からレプトスピラが分離され、分離率は4.1%であった。分離株の血清型は、7株がjavanica、1株がhebdomadis、1株がcasellonisと推定された。イノシシの調査においては、7つの血清型のいずれかのレプトスピラに対して51%(67/131)が顕微鏡下凝集試験で陽性であった。このことから、イノシシは沖縄県における重要なレプトスピラ保菌動物の一種であると思われた。血清型別では、hebdomadisに対する抗体陽性率が最も高く、我々が1998年および2000年に実施した同地域における一般住民の抗体調査と同様な結果であった。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 57(5), 321-325, 2004-05-20

    日本獸医師会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012935941
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    6949857
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ