脊髄の硬膜内髄外に脂肪腫が発生した犬の1手術例 A Surgical Case of Intradural Extramedullary Lipoma in a Dog

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

9歳齢の雄犬が、慢性進行性の後肢の不全麻痺を主訴に来院した。MRI検査により、第12胸椎部の右側硬膜内髄外の腫瘤を確認し、右側片側椎弓切除術により腫瘤を摘出した。腫瘤は病理組織学的検査で脂肪腫と診断された。術後の経過は良好であり、手術3週間後には異常が認められなくなった。24ヵ月を経過した時点でも、再発や転移を示唆する臨床症状は認められていない。

収録刊行物

  • 獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 35(1), 13-17, 2004-01-31

    獣医麻酔外科学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10012937409
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10158155
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09165908
  • NDL 記事登録ID
    6956366
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1432
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ