Lactobacillus salivarius TI 2711 による Porphyromonas gingivalis 殺菌の作用機序の解明 Mechanism of Porphyromonas gingivalis Killing by Lactobacillus salivarius TI 2711

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

歯周病は歯周病菌により起き起こされるが, 本研究は口腔内フローラをコントロールするプロバイオティクスによって歯周病の予防を行うことを目的としている。本論文は歯周病菌殺菌効果のある<i>Lactobacillus salivarius</i> TI 2711 (LS 1) の歯周病原菌<i>Porphyromonas gingivalis</i> (Pg) に対する殺菌に関わる物質について明らかにすることを検討したものである。<br>実験はPg/LS 1混合培養系で生菌数とpH, 乳酸量を測定した。またPg単独培養系に乳酸やpHを変化させて生菌数の測定を行った。<br>その結果, Pg/LS 1混合培養系において, LS 1菌数をPg菌数の100万分の1加えた場合でもPgを完全に殺菌した。培養上清中の乳酸蓄積量とpH値の測定から, 40~50 mmol/<i>l</i>の乳酸量, もしくはpH値の6.0以下への低下がPgの殺菌を引き起こしていると予想された。Pg単独培養系でも同様の結果となった。<br>次に乳酸とpHのどちらがPg生菌数の減少に直接関与しているかを調べる為に, 乳酸と塩酸を添加して生菌数を調べた。その結果, 乳酸を添加したときの方が生菌数の減少ははるかに大きかった。次に乳酸と乳酸ナトリウムを用いて解離型と非解離型乳酸のどちらが生菌数減少に関わっているかを調べたところ, 乳酸のほうにはるかに大きい効果が認められ, LS 1のPg殺菌作用は非解離型乳酸によるものであることが示された。

We identifeid the bactericidal substance, generated by <i>Lactobacillus salivarius</i> TI 2711 (LS 1), that kills <i>Porphyromonas gingivalis</i> (Pg). In an LS 1/Pg coculture system, LS 1 completely killed Pg even when added to Pg at a bacterial ratio of 1 to 1 million. Measurement of the culture supernatant of these cocultures showed an accumulation of lactic acid with 40 to 50 mmol/<i>l</i> at pH 6.0 or less. Incubating Pg in a culture medium containing this amount of lactic acid at a pH of 6.0 also killed a significant number of this bacterium. This suggests that the killing effect in the coculture system was exerted by either the amount of lactic acid or the pH. In the treatment of Pg with sodium hydrochloride or sodium lactate instead of lactic acid, we found that nondissociated lactic acid but not lactate anions or lower pH, is directly involved in killing Pg by LS 1 in the coculture system.

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌

    日本歯周病学会会誌 46(2), 118-126, 2004-06-28

    JAPANESE SOCIETY OF PERIODONTOLOGY

参考文献:  31件中 1-31件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10013297809
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ