最低次TM_<01δ>モード誘電体円柱共振器を用いた帯域阻止フィルタ Band Stop Filters Using Dominant TM_<01δ> Mode Dielectric Rod Resonators

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、まず最低次TMモード誘電体円柱共振器、従来のTMモード誘電体円柱共振器、TEモード誘電体円柱共振器、および方形空洞共振器を導波管により励振して反作用形共振器を構成し、それぞれの構造の共振周波数、無負荷Q、外部Qを測定し、それらの特徴を明らかにする。次に、最低次TMモード誘電体共振器を用いて2段帯域阻止フィルタ(BSF)を構成し、従来の誘電体共振器BSFでは広帯域化が困難であった、比帯域幅3%および5%を、12GHz帯において実現した。その結果、比帯域幅3%のBSFにおいては中心周波数で70dBという高減衰量を実現した。また、比帯域幅5%のBSFでは、共振器間結合が生じたため中心周波数で減衰量は50dBであった。

In this paper, at first the resonant frequency, the unloaded Q, and the external Q are measured in four cases of reaction type resonators, which are constructed by exciting a dominant TM-mode dielectric resonator, a TM-mode dielectric resonator, a TE-mode dielectric resonator, and a rectangular cavity resonator by a waveguide; thus, the characteristics of these resonators are discussed. The two-stage bandstop filter (BSF) using the dominant TM-mode dielectric rod resonators is designed with relative bandwidth 3% and 5% in 12GHz, while realization of such wideband BSFs is difficult in ones using the other dielectric resonators. As a result, each insertion loss at the center frequency is 70dB for the 3% BSF and 50dB for the 5% BSF.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学  

    電子情報通信学会技術研究報告. EMCJ, 環境電磁工学 96(528), 47-54, 1997-02-21 

    一般社団法人電子情報通信学会

参考文献:  15件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10016069142
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013108
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ