ベンゾイルアセトン/ポリエチレングリコールを用いゾル-ゲル法で作製したTiO_2ナノ結晶電極の特性と色素増感型太陽電池への応用 Preparation of TiO_2 Nanocrystalline Electrodes Using Benzoylacetone/Polyethylene Glycol by the Sol-Gel Method and Application to Dye Sensitized Solar Cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

出発原料にチタンテトラブトキシド, 溶媒にメタノールとエタノール, そして, 加水分解制御剤としてベンゾイルアセトン (BzAcH) とポリエチレングリコール (PEG) を用いてTiO<SUB>2</SUB>ナノ結晶電極を作製した。TiO<SUB>2</SUB>電極の表面構造, 作製条件, そして, その電極を用いて作製した色素増感型太陽電池の光電特性との相関について検討を行った。その結果, BzAcHとPEGの両方を添加し, エタノールの比率が大きい溶媒を用いることにより, 表面粗さが大きく, 分散の小さいナノ結晶 (約8 nm) からなるTiO<SUB>2</SUB>電極を作製することができた。このTiO<SUB>2</SUB>電極は, PEG無添加系, あるいは, PEG添加メタノール系で作製したTiO<SUB>2</SUB>電極よりも吸着色素量が多いことがわかった。また, この電極を用いて作製した色素増感型太陽電池の性能は, ほかの系に比べて大きく向上することを見いだした。

TiO<SUB>2</SUB> nanocrystalline electrodes were prepared from titanium tetra-<I>n</I>-butoxide modified with double hydrolysis inhibitors, <I>i.e</I>., benzoylacetone (BzAcH) and polyethylene glycol (PEG), in methanol and ethanol. The correlation between surface structure of the TiO<SUB>2</SUB> electrodes, preparation conditions, and photovoltaic properties of solar cells using the TiO<SUB>2</SUB> electrodes was investigated. The TiO<SUB>2</SUB> electrodes with large roughness value and narrow size distribution of nanocrystals (about 8 nm) were prepared by the addition of BzAcH/PEG in ethanol-rich solvent.The amounts of adsorbed dyes for these TiO<SUB>2</SUB> electrodes were larger than that without PEG. The performance of the solar cell fabricated using the TiO<SUB>2</SUB> electrode improved as the amount of PEG increased.

収録刊行物

  • 色材協會誌  

    色材協會誌 79(7), 277-282, 2006-07-20 

    一般社団法人 色材協会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018000773
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00354634
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0010180X
  • NDL 記事登録ID
    8044238
  • NDL 雑誌分類
    ZP23(科学技術--化学・化学工業--染料・顔料・塗料)
  • NDL 請求記号
    Z17-211
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ