マハラノビス-田口法を用いた炭素鋼腐食の水質診断法 Diagnosis of Water Quality for Carbon Steel Corrosion by Mahalanobis-Taguchi Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 板垣 昌幸 ITAGAKI Masayuki
    • 東京理科大学 理工学部 工業化学科 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 高宮 枝里 TAKAMIYA Eri
    • 東京理科大学 理工学部 工業化学科 Department of Pure and Applied Chemistry, Faculty of Science and Technology, Tokyo University of Science
    • 額賀 孝訓 NUKAGA Takanori
    • 東京電力株式会社 技術開発研究所 材料技術グループ Materials Engineering Group R&D Center, Tokyo Electric Power Company
    • 梅村 文夫 UMEMURA Fumio
    • 東京電力株式会社 技術開発研究所 材料技術グループ Materials Engineering Group R&D Center, Tokyo Electric Power Company

抄録

マハラノビス-田口法 (MT法) を用いて, 淡水中における炭素鋼の腐食診断を行った. 検討する水質項目として, 硫酸イオン, 塩化物イオンおよび重炭酸イオンの3項目を使用した. 任意の平均値, 標準偏差および相関係数を用いることで人工的な基準空間を作成した. 項目を腐食促進成分と腐食抑制成分に分類し, 腐食抑制成分を逆数にすることで閉じた基準空間とした. 基準空間の中心 (平均値) を0と固定することで, 低濃度の腐食促進因子に対応した. 最適な基準空間を人工的に作成する方法を構築した. この方法を用いて炭素鋼の淡水腐食試験結果より評価を行った結果, 誤判定が従来法よりも大幅に減少した.

Corrosion diagnostics of carbon steel in fresh water were carried out by Mahalanobis-Taguchi Method. Concentrations of sulfate ion, chloride ion and bicarbonate ion were used as items to judge the corrosion index. Artificial base areas were constructed by deciding standard deviations and the correlation coefficients arbitrarily. The items were classified into corrosion accelerator and corrosion inhibitor. "Closed" base area was constructed by using the axis of reciprocal concentration of corrosion inhibitor. The new method to construct on optimal base area artificially was developed. As the results to apply the present method to the experimental results of carbon steel in fresh water, the erroneous decision decreases remarkably comparing the conventional Mahalanobis-Taguchi Method.

収録刊行物

  • 材料と環境 : zairyo-to-kankyo  

    材料と環境 : zairyo-to-kankyo 55(7), 300-305, 2006-07-15 

    Japan Society of Corrosion Engineering

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018008055
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10235427
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170480
  • NDL 記事登録ID
    8037045
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-266
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ