放射線誘発DNA2本鎖切断の修復における末端結合経路はいくつある? How Many Pathways Are Working in Repair of Radiation-induced DNA Double Strand Breaks by End Joining?

この論文をさがす

著者

    • 林 正信 HAYASHI Masanobu
    • 酪農学園大学獣医学部放射線獣医学 Department of Veterinary Radiology, School of Veterinary Medicine, Rakuno Gakuen University

収録刊行物

  • Radioisotopes

    Radioisotopes 55(7), 439-442, 2006-07-15

    日本アイソトープ協会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018012888
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    8041080
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ