南極半島ジェームズ・ロス島リンク台地の気温・地温特性と活動層厚の経年変化の復元 Characteristics of air and ground temperatures and the reconstruction of active layer thickness on the Rink Plateau, James Ross Island, Antarctic Peninsula

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

南極半島ジェームズ・ロス島リンク台地において,気温(1995~2004年)と地温(1997~2003年)の観測を行った.リンク台地の年平均気温は-6.7℃(1996~2004年)であったが,気温の変動が大きく,年間を通して気温が正になる時期があった.夏期には,地表面付近で0℃をはさんだ温度変化が頻繁に観測された.<BR>近年の顕著な温暖化に伴い,南極半島地域では,活動層厚が変化してきた可能性がある.そこで,リンク台地での現在の気温と活動層厚との関係と,周辺基地の過去の気温データを用いて,1971年以降の活動層厚変化を復元した.その結果,この期間に活動層厚は増加する傾向を示し,1970年代には活動層厚は60cm前後であったが,1995年が過去33年間で最も厚く80cmを超え,1996年以降は70cm前後であったと推測された.活動層が厚くなったことにより,現在の地形形成にかかわる斜面物質移動量は1970年代に比べて大きくなっていると考えられる.

Air and ground temperatures were measured on the Rink Plateau, James Ross Island, Antarctic Peninsula, from 1995 to 2004. The annual mean air temperature during the observation period was -6.7°C. Air temperature was variable during this time, with positive temperatures recorded even during the winter periods. Freeze-thaw occurred on almost every day that recorded a positive daily maximum air temperature during the thawing season.<BR>Changes of active layer thickness may influence on the periglacial features. In the Antarctic Peninsula region, where recent climatic warming is remarkable, it is possible that the active layer thickness increase. In order to reconstruct the change of the active layer thickness, we estimated the thickness of the active layer on the Rink Plateau from 1971 to 2003 by using the relationship between the actual active layer thickness and air temperature data of the weather stations near the study site. As a result, recent trends show that active layer thickness has increased. During the 1970s, active layer thickness was around 60cm. The maximum thickness over the past 33 years was 80cm during the summer of 1995. From 1996, active layer thickness has been around 70cm.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 68(4), 287-298, 2006-07-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018013678
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    8043598
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ