精神および身体依存形成機序の相違について : L型高電位開口性カルシウムチャネル(HVCC)の機能変化を中心として Difference in mechanisms underlying physical and psychological dependence : Focus on functional alteration in L-type high voltage-gated calcium channels (HVCCs) after sustained exposure to drugs of abuse

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence  

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 41(3), 180-181, 2006-06-28 

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018014325
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ