壮年期男性における飲酒と潜在性動脈硬化の関連についての疫学研究 : 電子ビームCTによる冠動脈石灰化を指標として Alcohol consumption and sub-clinical coronary atherosclerosis detected by electron beam computed tomography (EBCT) in middle-aged Japanese men

この論文をさがす

著者

    • 門脇 崇 KADOWAKI Takashi
    • 滋賀医科大学社会医学講座福祉保健医学分野 Department of Health Science, Shiga University of Medical Science

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence  

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 41(3), 184-185, 2006-06-28 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018014332
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ