ニコチンによる精神依存形成における組織プラスミノーゲン活性化因子/プラスミンシグナルの関与 Involvement of tissue plasminogen activator-plasmin system in the rewarding effect of nicotine

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 美奈 ITO Mina
    • 金沢大学大学院自然科学研究科薬物治療学 Lab. Neuropsychopharmacol., Div. Life. Sci., Grad. Sch. Nat. Sci. Tech., Kanazawa Univ.
    • 永井 拓 NAGAI Taku
    • 金沢大学大学院自然科学研究科薬物治療学 Lab. Neuropsychopharmacol., Div. Life. Sci., Grad. Sch. Nat. Sci. Tech., Kanazawa Univ.
    • 山田 清文 YAMADA Kiyofumi
    • 金沢大学大学院自然科学研究科薬物治療学 Lab. Neuropsychopharmacol., Div. Life. Sci., Grad. Sch. Nat. Sci. Tech., Kanazawa Univ.

収録刊行物

  • 日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence  

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 = Japanese journal of alcohol studies & drug dependence 41(3), 230-231, 2006-06-28 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018014358
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10518421
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13418963
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ