アルゴンプラズマ凝固療法が奏功したが処置後狭窄をきたした難治性出血性放射線腸炎の1例 A REFRACTORY CASE OF RADIATION PROCTITIS : EFFECTIVENESS OF ARGON PLASMA COAGULATION THERAPY AND THE RECTAL STENOSIS AFTER THERAPY

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 48(4), 1021-1026, 2006-04-20 

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018015782
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192102
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871207
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ