ダブルバルン式小腸内視鏡検査が診断と治療方針決定に有用であった家族性大腸腺腫症の1小児例 A CASE REPORT OF INFANTILE FAMILIAL ADENOMATOUS POLYPOSIS (FAP) EVALUATED BY ADENOMATOUS POLYPOSIS COLI (APC) GENE ANALYSIS AND DOUBLE-BALLOON ENTEROSCOPY

この論文をさがす

著者

    • 品川 慶 SHINAGAWA Kei
    • JA広島総合病院 消化器内科 Department of Gastroenterology and Hepatology, Hiroshima General Hospital
    • 大原 英司 OHARA Eiji
    • JA広島総合病院 消化器内科 Department of Gastroenterology and Hepatology, Hiroshima General Hospital
    • 茶山 一彰 CHAYAMA Kazuaki
    • 広島大学大学院 医歯薬学総合研究科創生医科学専攻先進医療開発科学分子病態制御内科学 Department of Medicine and Molecular Science, Division of Frontier Medical Science, Programs for Biomedical Research, Graduate School of Biomedical Science, Hiroshima University

収録刊行物

  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy  

    日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 48(5), 1127-1133, 2006-05-20 

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018015898
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192102
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871207
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ