関節包縫縮術を併用した Bristow 変法術後の再鏡視所見 : 関節上腕靭帯様組織の再生に関して Arthroscopic findings after the Bristow procedure with capsulolabral reconstruction of the anterior capsule : the regeneration of tissue like glenohumeral ligament

この論文をさがす

著者

    • 森原 徹
    • 京都府立医大大学院 運動器機能再生外科学(整形外科)
    • 岩田 圭生
    • 京都府立医大大学院 運動器機能再生外科学(整形外科)
    • 本多 宏明
    • 京都府立医大大学院 運動器機能再生外科学(整形外科)
    • 藤原 浩芳
    • 京都府立医大大学院 運動器機能再生外科学(整形外科)
    • 黒川 正夫
    • 京都府立医大大学院 運動器機能再生外科学(整形外科)
    • 久保 俊一
    • 京都府立医大大学院 運動器機能再生外科学(整形外科)

収録刊行物

  • 関節鏡 = ARTHROSCOPY Society magazine guidance & Contribution rules  

    関節鏡 = ARTHROSCOPY Society magazine guidance & Contribution rules 31(1), 80, 2006-06-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018016341
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357621
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0910223X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ