台湾における乳がん検診の現状 The Current Development of Breast Cancer Screening in Taiwan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

世界保健機関 (WHO) の統計によると, 2004年に世界各国を合わせて, 乳がんに罹った女性は120万人を超えたそうである。乳がんは女性の共同の健康問題だといえる。台湾人女性を例として, 乳がんの発生頻度は年々増加して, しかも年齢層は低下し続けている。周知のとおり, 乳がんは早期発見できれば, 治る効果をあげることができる。<BR>3年前から, 50~69歳の女性を主要対象として, わが国は乳がん検診計画を試行し始めた。2002年7月1日から2004年6月30日まで, 1年間の試行期間におけるマンモグラフィの受診者数は延べ80,775人, そのうち乳がんにかかったと診断された人数は168人。そして, 2004年7月1日から正式的にスタートして以来, 2005年6月30日まで, 1年間での受診者数は延べ52,000人, 乳がんにかかった検診結果と宣告されたのは156人。<BR>マンモグラフィによる乳がん検診が順調に推進しているが, しかし, 現在我が国における乳がん検診はまだ不足のところがたくさんある。それは, 若い世代の乳がん事情にも, 注意しなければならないことである。我が国では, 乳がんは中高年女性だけではなく, 25~64歳ぐらいの女性にとっても, 恐ろしい病気である。乳がんの罹患年齢は年々に低下してきた。そのため, 我が国では, 50~69歳の女性の検診政策に続き, 2004年の年末から40~49歳の女性を対象にする検診方法の研究も開始した。40~49歳の女性を対象者にして, 無作為に抽出する方法で, 受診者を超音波組とマンモグラフィ組に分けて, 検診研究を進めている。将来, その研究結果に基づき, 若い世代の女性に有効, それにふさわしい検診方法を見つけ出すことができれば, 幸いである。

According to the WHO, about 120, 000 women in Taiwan were newly diagnosed as having breast cancer in 2004. Breast cancer has become a common health issue for all women. In Taiwan, the incidence of breast cancer has been increasing annually, and the age of affected patients has been decreasing. The key to curing breast cancer is early detection and prompt treatment. Three years ago, a breast cancer screening project was launched for women between 50 and 69 years old. From July 1, 2002 to June 30, 2004, a total of 80, 775 women attended this project and 168 were diagnosed as having breast cancer. From July 1, 2004, a nationwide breast cancer screening program was formally initiated. Women aged between 50 and 69 years may undergo one mammography examination free of charge every two years. In one year, 52, 000 women underwent the screening and 156 of them were diagnosed as having breast cancer.<BR>In Taiwan, breast cancer is not only assumed to be a risk for women of middle and older age, it is also the most deadly cancer in women between 25 and 64 years of age. On the basis of previous experience, the Bureau of Health Promotion of the Department of Health conducted a study of breast cancer screening for women between 40 and 49 years by randomly using either breast sonography or mammography as a screening modality. We hope to find the most appropriate screening tool for this group of women and set up a proper screening protocol.

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening  

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 15(2), 166-169, 2006-06-25 

    Japan Association of Breast Cancer Screening

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018016507
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ