アポクリン癌と小葉癌の2つの非浸潤癌組織像を示した検診発見小型乳癌の1例

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は58歳, 女性。人間ドックで乳房の異常を指摘された。乳癌が疑われ, 局麻下生検を行った。腫瘍径は1.2cmで同一腫瘍内に非浸潤性のアポクリン癌と小葉癌の所見が隣接して認められた。アポクリン癌が硬化性腺症の腺腔内に包み込まれる形となり, 一部が小葉癌の所見を示した可能性が推測された。

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening  

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 15(2), 234-235, 2006-06-25 

    Japan Association of Breast Cancer Screening

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018016565
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ