Hairy Cell Leukemia治療中に生じた多剤感作性薬疹例 HYPERSENSITIVITY REACTIONS TO MULTIPLE DRUGS DURING THE COURSE OF HAIRY CELL LEUKEMIA TREATED WITH 2-CHLORODEOXYADENOSINE

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は33歳,男性.hairy cell leukemiaに対してクラドリビン7日間投与終了後3日後より,全身に紅皮症型薬疹が出現.併用されていた数種類の薬剤をすべて中止したところ皮疹は消失した.パッチテストにて,クリンダマイシン陽性,内服テストで,ST合剤,アロプリノール,フルコナゾールにて同様の紅斑型皮疹が誘発され,多剤感作性薬疹と診断した.クラドリビンは,遷延性のCD4陽性リンパ球減少をきたすことが知られており,本症例の多剤感作性薬疹の発症に何らかの関与があったのではないかと考えた.

A 38-year-man developed diffuse erythema 3 days after the administration of 2-chlorodeoxyadenosine (cladribine or 2-CdA) and many other drugs for hairy cell leukemia (HCL).Patch-testing and scratch patch-testing showed positive reactions for clindamycin (10%, 30%) at 24 hours and 48 hours. Furthermore, provocation-testing showed positive reactions for sulfamethoxazole・trimethoprim, allopurinol, fluconazole, so our diagnosis was erythroderma-type drug eruption due to clindamycin, sulfamethoxazole-trimethoprim, allopurinol, fluconazole. Cutaneous side-effects associated with cladribine have seldom been described in cases of HCL. Our case suggests that there is a relationship between the drug hypersensitivity and the prolonged suppressed CD4 cell levels caused by cladribine.

収録刊行物

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018016829
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012583
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00214884
  • NDL 記事登録ID
    8038299
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-32
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ