ポリオ罹患者に対するカーボン製長下肢装具の大腿部後面の工夫 Carbon fiber reinforced plastics knee-ankle-foot orthosis with a partly flexible thigh cuff for patients with poliomyelitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリオ罹患者は幼児期にポリオウイルスに侵され弛緩性の運動麻痺をきたし, 種々の下肢装具を利用して日常生活を送ってきた. しかし, 加齢と共にポストポリオ症候群により筋力低下などをはじめ様々な症状が現れて, 軽量の下肢装具が望まれたため, われわれはカーボン製長下肢装具を製作してきた. しかしカーボン製長下肢装具は, 剛性が高いがゆえに座位姿勢のときなどに圧迫感があるなど問題点があり, 今回改良した.

収録刊行物

  • 日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development  

    日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development 22(3), 154-158, 2006-07-01 

    Japanese Society of Prosthetics and Orthotics

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018017602
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1006683X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09104720
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ