7年の経過後に切除した膵管内乳頭腺癌由来の浸潤癌の1例 A case of invasive carcinoma derived from intraductal papillary-mucinous carcinoma. Successful surgical excision 7 years after initial diagnosis

この論文をさがす

著者

    • 梶 理史 KAJI Satoshi
    • 東京女子医科大学消化器病センター外科 Department of Surgery, Institute of Gastroenterology, Tokyo Women's Medical University
    • 羽鳥 隆 HATORI Takashi
    • 東京女子医科大学消化器病センター外科 Department of Surgery, Institute of Gastroenterology, Tokyo Women's Medical University
    • 福田 晃 FUKUDA Akira
    • 東京女子医科大学消化器病センター外科 Department of Surgery, Institute of Gastroenterology, Tokyo Women's Medical University
    • 鬼沢 俊輔 ONIZAWA Syunsuke
    • 東京女子医科大学消化器病センター外科 Department of Surgery, Institute of Gastroenterology, Tokyo Women's Medical University
    • 今泉 俊秀 IMAIZUMI Toshihide
    • 東海大学医学部外科学系消化器外科 Department of Surgery, Institute of Gastroenterology, School of Medicine, Tokai University
    • 高崎 健 TAKASAKI Ken
    • 東京女子医科大学消化器病センター外科 Department of Surgery, Institute of Gastroenterology, Tokyo Women's Medical University

収録刊行物

  • 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society  

    膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 20(1), 39-45, 2005-02-28 

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018039283
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10043798
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09130071
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ