序にかえて : IPMNの治療方針 Therapeutic strategy for Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田中 雅夫 TANAKA Masao
    • 九州大学大学院医学研究院臨床・腫瘍外科 Department of Surgery and Oncology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

抄録

IPMNの国際診療ガイドラインがまとめられ, 現時点での一応の分類, 診断, 治療方針が示された. しかし, とくに治療方針については, まだ明確にしなければならない課題が残っている. 例えば, 混合型はどう扱うべきか, 腺腫は切除適応ではないのか, 悪性の確実な術前診断は本当に可能になるのか, あるいは主膵管型や混合型を手術する場合の切除線はどう決めればよいのか, またその際の切除断端の判定の仕方などについて, 本邦の研究者は綿密な症例集積を続けることによって, 率先して明らかにして行かなければならない.

The International Consensus Guidelines for the Management of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms (IPMN) and Mucinous Cystic Neoplasms have given us a classification scheme, diagnostic criteria, and treatment strategies of the IPMN at present. However, there remain several problems to be clarified further. These include, for instance : 1) How should we manage the mixed type of IPMN, as the branch duct type or main duct type? 2) Should an adenoma of IPMN be resected or followed up? 3) Is the definitive preoperative diagnosis of malignancy possible or not? 4) How can we determine the proper site of resection of main duct or mixed type IPMN? Japanese investigators are expected to solve these problems by meticulous and careful studies of their patients.

収録刊行物

  • 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society  

    膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 20(6), 489-492, 2005-12-29 

    Japan Pancreas Society

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018039362
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10043798
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09130071
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ