多発分枝型IPMNの治療方針 Strategies for multiple intraductal papillary-mucinous neoplasms of the pancreas

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 平野 聡 HIRANO Satoshi
    • 北海道大学大学院医学研究科癌診断治療学講座腫瘍外科学分野 Department of Surgical Oncology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 近藤 哲 KONDO Satoshi
    • 北海道大学大学院医学研究科癌診断治療学講座腫瘍外科学分野 Department of Surgical Oncology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 原 敬志 HARA Takashi
    • 北海道大学大学院医学研究科癌診断治療学講座腫瘍外科学分野 Department of Surgical Oncology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 竹内 幹也 TAKEUCHI Motoya
    • 北海道大学大学院医学研究科癌診断治療学講座腫瘍外科学分野 Department of Surgical Oncology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 七戸 俊明
    • 北海道大学大学院医学研究科癌診断治療学講座腫瘍外科学分野 Department of Surgical Oncology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 齋藤 克憲 SAITOH Katsunori
    • 北海道大学大学院医学研究科癌診断治療学講座腫瘍外科学分野 Department of Surgical Oncology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 仙丸 直人 SENMARU Naohito
    • 北海道大学大学院医学研究科癌診断治療学講座腫瘍外科学分野 Department of Surgical Oncology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 鈴木 温
    • 北海道大学大学院医学研究科癌診断治療学講座腫瘍外科学分野 Department of Surgical Oncology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 狭間 一明
    • 北海道大学大学院医学研究科癌診断治療学講座腫瘍外科学分野 Department of Surgical Oncology, Hokkaido University Graduate School of Medicine

抄録

IPMNが多中心性に発生することはすでに遺伝子学的に証明されているが, 現時点では病変それぞれの進展予測を行うことは不可能である.<br>当科における単発IPMNの切除の対象は, Borderline (moderate dysplasia ; 境界病変) の段階で切除することである. 多発例の場合もこの規則にしたがい, 多発した病変の中でBorderline以上と判定できるものを切除の適応とし, それ以下の病変は切除せずに極力経過観察を行うべきであると考える.<br>浸潤癌以外の多発病変では各種縮小手術が適応となりやすいが, 多発例でこれらを組み合わせて行う場合や切除範囲を通常より拡大して行う場合, 病変が遺残しないよう十分に注意すべきである. 膵全摘術ではインスリン注射の管理と術後のQOLが問題となるため適応は限られる.<br>切除に際しては, 術前の詳細な情報と術中超音波検査所見を総合して病変の完全切除を達成すべきであり, 膵管再建においては再発時の精査を考慮して膵胃吻合を選択している.

Our strategy of surgical treatment of multiple IPMNs includes only borderline lesions (moderate dysplasia) or malignant ones, while the remaining tumors are observed closely without any surgical interventions as long as possible. Multiple non-invasive and benign tumors should be excised with combinations of some minimized surgical procedures. In such procedures, it is important to achieve complete resection of the tumor. A limited indication of total pancreatectomy remains for patients with apparently diffuse IPMNs because of the compromised postoperative insulin management and deterioration of quality of life. The utilization of intra-operative ultrasound with precise preoperative information about the tumor enhances a complete resection of tumor. Reconstruction of the pancreatic duct must be performed in pancreaticogastrostomy, which could allow the use of endoscopic investigations for recurrent or new IPMNs.

収録刊行物

  • 膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society  

    膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society 20(6), 517-521, 2005-12-29 

    Japan Pancreas Society

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018039450
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10043798
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09130071
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ