C型肝炎ウイルス(HCV)定量の臨床的意義とその問題点 : PCR法とCLEIA法との比較 Clinical Significance and Problems in HCV Measurement : Comparison of CLEIA Method with PCR Method

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE  

    臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE 52(10), 813-818, 2004-10-25 

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018039614
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00253932
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00471860
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ