高濃度領域測定用 Cobas Amplicor HCV Monitor v2.0(ハイレンジ法)の基礎的検討および臨床的有用性について Clinical Significance of Cobas Amplicor HCV Monitor Test v 2.0 for Quantifying a Wide Range of Serum HCV-RNA in Patients with Chronic Hepatitis C

この論文をさがす

著者

    • 福野 よしみ FUKUNO Yoshimi
    • 公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター臨床検査部 Department of Laboratory Medicine and Clinical Investigation, Yokohama City University Medical Center
    • 武田 春華 TAKEDA Haruka
    • 公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター臨床検査部 Department of Laboratory Medicine and Clinical Investigation, Yokohama City University Medical Center
    • 須郷 秋恵 [他] SUGOU Akie
    • 公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター臨床検査部 Department of Laboratory Medicine and Clinical Investigation, Yokohama City University Medical Center
    • 宮島 栄治 MIYAJIMA Eiji
    • 公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター臨床検査部 Department of Laboratory Medicine and Clinical Investigation, Yokohama City University Medical Center

収録刊行物

  • 臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE  

    臨床病理 = THE OFFICIAL JOURNAL OF JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE 53(7), 587-593, 2005-07-25 

    日本臨床検査医学会事務所

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018039811
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00253932
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00471860
  • NDL 記事登録ID
    7439641
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-284
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ