細菌の運動と感覚応答機構に関する研究 Studies on bacterial motility and chemosensory transduction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 川岸 郁朗 KAWAGISHI Ikuro
    • 名古屋大学大学院理学研究科生命理学専攻 超分子機能学講座 Division of Biological Science, Graduate School of Science and Institute for Advanced Research, Nagoya University

抄録

大腸菌走化性シグナル伝達系は, 全ての構成タンパク質が同定されており, 生化学的性質や立体構造に関する情報も蓄積していることから, 一つのシステム全体を分子レベルで理解するという課題を追求するうえで秀れたモデル系である。細胞外からの刺激は, 細胞膜の走化性受容体によって受容され, 細胞内シグナル伝達経路を経て, 最終的には鞭毛モーターの回転が制御され, 菌は望ましい方向に移動する。走化性受容体は, 刺激に応じてヒスチジンキナーゼ CheA の活性を制御する酵素共役型受容体であり, 感覚受容体として最もよく解析されているものの一つである。細胞内シグナル伝達経路のうち, CheA と応答調節因子 CheY, CheB は, 細菌, 古細菌, 真菌, 植物などに広く使われている二成分調節系に属している。これらの因子は細胞内でばらばらに存在するのではなく, 走化性受容体・アダプター CheW・キナーゼ CheA の複合体が, クラスターを形成して桿状細胞の極に局在することがわかってきた。このクラスター形成により, シグナルの増幅や一定の刺激に対する適応が起こるのではないかと考えられている。私たちは, 現在までに, 受容体のクラスター形成や下流因子との相互作用に関して, 緑色蛍光タンパク質 (GFP) との融合タンパク質を用いた解析を行っている。また, 部位特異的ジスルフィド架橋を用いた解析により, 受容体ダイマー間相互作用を検出し, それがシグナル伝達に関与することを示唆する知見を得た。本稿では, これらの成果を中心に紹介し, 走化性シグナル伝達系におけるタンパク質の局在と相互作用ネットワークの動態について議論する。

収録刊行物

  • 日本細菌学雑誌  

    日本細菌学雑誌 61(3), 293-304, 2006-08-25 

    JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY

参考文献:  91件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018042263
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189800
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214930
  • NDL 記事登録ID
    8090428
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-229
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ