黄色ブドウ球菌の新規細胞壁合成関連遺伝子の同定および解析 Analysis of the factors involved in cell wall biosynthesis in Staphylococcus aureus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小松澤 均 KOMATSUZAWA Hitoshi
    • 広島大学大学院・医歯薬学総合研究科・細菌学教室 Department of Bacteriology, Hiroshima University Graduate School of Biomedical Sciences

抄録

黄色ブドウ球菌はヒトに種々の疾患を引き起こす代表的な病原菌の一つである。この菌による感染症の治療には化学療法剤が使用されるが, メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 (MRSA) の出現によりその治療が困難な状況になっている。MRSAの耐性因子は<i>mecA</i>であることはすでに明らかであるが, 臨床分離株におけるメチシリン耐性度の多様性は説明がついていない。さらに, 今日ではMRSAの治療薬として有効であるバンコマイシンに対して耐性あるいは低感受性菌の報告もなされている。現在のところ, バンコマイシン耐性あるいは低感受性菌が蔓延している状況ではないが, MRSAのメチシリンやバンコマイシンに対する多様な応答についての解析はMRSAの薬剤への適応機構の解明につながることが考えられる。これまでに, 多くの研究がなされ, メチシリンあるいはバンコマイシン感受性に影響を及ぼす因子が同定されている。それらの多くは細胞壁合成関連因子あるいは細胞壁合成系に影響を及ぼす因子であった。今回, 私の同定した新規細胞壁合成関連遺伝子を中心としてメチシリンおよびバンコマイシン感受性に影響を及ぼす因子について概説したい。

収録刊行物

  • 日本細菌学雑誌  

    日本細菌学雑誌 61(3), 305-315, 2006-08-25 

    JAPANESE SOCIETY FOR BACTERIOLOGY

参考文献:  51件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018042355
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189800
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214930
  • NDL 記事登録ID
    8090436
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-229
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ