産業機械の災害防止対策に関する基礎的考察 The Basic Consideration on Accident Prevention Methods for Industrial Machines

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>現在,日本ではISO 12100 を始めとする機械安全規格にしたがって,産業機械の設計・製造を行うのが常識となりつつある.この具体例に,本質的安全設計方策や安全防護物(ガード,保護装置)の適用がある.しかし,現実には,機械停止が困難な危険点近接作業や複数作業者が広大領域内で行う作業のように,これらの方策だけでは適切なリスク低減が期待できないものもある.実際,著者が日本で発生した産業機械による死亡労働災害(挟まれ・巻き込まれ災害と激突され災害に限る)を分析したところ,危険点近接作業に関連した災害が44.2 %,生産ラインなどの広大領域内で発生した災害が35.7 %,他の作業者が誤って機械を起動したために発生した災害が12.4 %であり,これらのいずれかに関連した災害が 65.1 %を占めていた.このため,本報では,機械停止の困難な危険点近接作業と複数作業者が広大領域内で行う作業を対象に,災害防止手法の明確化を試みた.以上の結果は,ISO 12100 やISO 11161 を補完する戦略としても活用できると考える.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 45(4), 204-211, 2006-08-15

    安全工学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018053108
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    8067265
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ