マルチモード機関室シミュレータとその評価法 Multi-mode Engine Room Simulator and Evaluation Methods

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本論文では、フルミッション型機関室シミュレータとPC (デスクトップ) 型機関室シミュレータの長所をベースにした、マルチモード機関室シミュレータについて述べられている。マルチモード機関室シミュレータは、機関室のテクノロジーを理解している訓練生に対して実際の環境を与えることができ、またオープン構造と互換性という要求を実現させることができる。本論文はその主たる設備と機能についてそれぞれ紹介している。一方、評価方法についてもまた詳細に述べられている。評価方法は、評価対象間の異なった相互作用の関係に従って、タイプA、タイプB、タイプCという3つのタイプに分けられている。タイプAは主に線形ノードシリーズに対して用いられ、タイプBは主に非線形ノードシリーズに対して用いられ、そしてタイプCは故障シミュレーションに対してのみ用いられる。

収録刊行物

  • Marine engineering : journal of the Japan Institution of Marine Engineering = マリンエンジニアリング : 日本マリンエンジニアリング学会誌  

    Marine engineering : journal of the Japan Institution of Marine Engineering = マリンエンジニアリング : 日本マリンエンジニアリング学会誌 41(4), 597-602, 2006-07-01 

    The Japan Institute of Marine Engineering

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018055096
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11505252
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13461427
  • NDL 記事登録ID
    8027278
  • NDL 雑誌分類
    ZN24(科学技術--運輸工学--船舶)
  • NDL 請求記号
    Z16-747
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ