高極性単官能モノマー含有エポキシ樹脂の接着強さ発現機構 Adhesive Properties and the Mechanisms of Epoxy Resins Including Mono-functional Monomers with High Polarity

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

単官能エポキシを添加した数種のエポキシ接着剤組成について,アルミニウム被着体へのせん断接着強さを評価し,その接着強さ発現機構を添加剤の極性や接着層の残留内部応力との関連にて考察した。イミド骨格を有する高極性単官能エポキシ(グリシジルフタルイミド:GPI)の添加により,ビスフェノールA型エポキシ樹脂/アルミニウム被着体の引張りせん断接着強さが向上した。別の単官能エポキシであるt-ブチルフェニルグリシジルエーテルを添加した系では同様の効果は認められず,単官能骨格導入による残留内部応力の低下のみではこの現象を説明できない。FT-IR解析を行ったところ,GPI添加系の場合,イミド骨格(カルボニル基)が接着界面近傍に高濃度に存在することが知られた。高極性を有するGPIは高極性表面を持つ金属被着体との親和性が高く,被着体表面近傍に硬化中に引きよせられ,両者の引力的相互作用により接着強さ向上をもたらしたと考えられる。

The aim of this study is to characterize the adhesive properties of the epoxy resins including mono-functional monomers with different polarity. Imidazole cured diglycidyl ether of bisphenol-A was used as the base epoxy resin. The shear adhesive strength of the formulated resin to aluminum substrates became increased as the content of glycidyl phthalimide (GPI) which is a mono-functional epoxy with high polarity was enhanced. When t-butyl phenyl glycidyl ether was used as a monofunctional epoxy,almost no improvement in adhesive strength was achieved. This suggested that the decrease of the residual internal stress within the adhesive layer was no tthe major reason t o explain the improvement in the adhesive strength of the resin with GPI. FT-IR analyses revealed that the imide (carbonyl) groups were concentrated in the region neighboring the interface to aluminum substrate during the curing process. GPI with high polarity would have high affinity and attractive interaction to metal substrates with high polarity, which caused the improvement in the adhesive strength.

収録刊行物

  • 日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan  

    日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan 42(6), 224-230, 2006-06-01 

    The Adhesion Society of Japan

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018055750
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10341672
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09164812
  • NDL 記事登録ID
    7988391
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-134
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ