ニッケル触媒上でのメタン分解反応における二酸化炭素の影響 Effect of Carbon Dioxide Cofeed on Decomposition of Methane over Ni Catalysts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 永易 圭行 NAGAYASU Yoshiyuki
    • 京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻 Dept. of Energy and Hydrocarbon Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 浅井 宏太 ASAI Kouta
    • 京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻 Dept. of Energy and Hydrocarbon Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 中山 哲成 [他] NAKAYAMA Akinori
    • 京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻 Dept. of Energy and Hydrocarbon Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 岩本 伸司 IWAMOTO Shinji
    • 京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻 Dept. of Energy and Hydrocarbon Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University
    • 井上 正志 INOUE Masashi
    • 京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻 Dept. of Energy and Hydrocarbon Chemistry, Graduate School of Engineering, Kyoto University

抄録

熱重量分析装置を用いて,二酸化炭素共存下でのニッケル触媒によるメタン分解反応を検討した。純メタンの分解反応と同様に,メタンは水素と多層カーボンナノチューブに分解された。しかし,メタン分解反応と同時に二酸化炭素改質反応,炭素のガス化反応およびシフト反応が起こり,一酸化炭素や水も生成した。純メタンの分解反応と比較すると,二酸化炭素共存下では,触媒は徐々に失活した。また,反応ガス中の二酸化炭素濃度の増加により炭素生成量は増加したが,二酸化炭素濃度がさらに高くなると炭素生成量は逆に減少した。この研究で最も興味深いことは,炭素生成が停止した後にも関わらず,二酸化炭素改質反応が継続する点である。これらの結果より,触媒が失活する機構について検討を行った。<br>

Nickel-catalyzed decomposition of methane was examined in the presence of carbon dioxide cofeed using a thermogravimetric apparatus. Methane was decomposed to hydrogen and multi-walled carbon nanotubes as in the decomposition of pure methane. However, the dry-reforming reaction, gasification of the carbon species with carbon dioxide, and the water gas shift reaction took place simultaneously, and carbon monoxide and water were also formed. Deactivation of the catalyst took place slowly in the presence of carbon dioxide cofeed, and the carbon yield increased with higher partial pressure of carbon dioxide in the feed gas. However, further increase in the carbon dioxide concentration in the feed gas reduced the carbon yield. The most interesting point is that the dry-reforming reaction continued even after carbon formation apparently ceased. Mechanisms for the deactivation of the catalysts are discussed.<br>

収録刊行物

  • Journal of the Japan Petroleum Institute  

    Journal of the Japan Petroleum Institute 49(4), 186-193, 2006-07-01 

    The Japan Petroleum Institute

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018056901
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11590615
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13468804
  • NDL 記事登録ID
    8018739
  • NDL 雑誌分類
    ZP29(科学技術--化学・化学工業--燃料--石油)
  • NDL 請求記号
    Z17-177
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ