中耳結核の4例 FOUR CASES OF OTITIS MEDIA TUBERCULOSA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 沼田 尊功 NUMATA Takanori
    • 東京慈恵会医科大学呼吸器内科 Division of Respiratory Disease, Department of Internal Medicine, Jikei University School of Medicine
    • 白井 陽子 SHIRAI Yoko
    • 東京慈恵会医科大学呼吸器内科 Division of Respiratory Disease, Department of Internal Medicine, Jikei University School of Medicine
    • 原 弘道 [他] HARA Hiromichi
    • 東京慈恵会医科大学呼吸器内科 Division of Respiratory Disease, Department of Internal Medicine, Jikei University School of Medicine
    • 佐藤 哲夫 SATO Tetsuo
    • 東京慈恵会医科大学呼吸器内科 Division of Respiratory Disease, Department of Internal Medicine, Jikei University School of Medicine

抄録

肺外結核のなかでも稀な中耳結核を4例経験した。年齢は,20歳から37歳(平均28.3歳)と若く,4症例のうち肺結核の合併は3例であり,1例は原発性中耳結核と考えられた。確定診断までに数カ月以上要すことが多く,感染拡大の面からも重要な疾患であると考えられた。診断方法には,耳漏塗抹検査のほか,文献的には病変部の生検が有用といわれている。また早期診断には耳漏でのPCRが有用である症例もあった。聴力障害を残し外科的治療を必要とした症例もあり,早期発見が重要である。

Otitis media is a rare involvement among extrapulmonary tuberculosis. We reported 4 cases of otitis media tuberculosa, and their mean age was 28. 3 (ranging 20 to 37). Three of them were complicated with pulmonary tuberculosis. Since it takes several months to establish definite diagnosis, such cases could have high risk in spreading tuberculosis. Examinations of acid-fast bacilli by smear and culture, histopathological examinations and in particular polymerase chain reaction are most useful for the early diagnosis. Delay in the administration of antituberculosis drugs may cause the difficulty in hearing, and surgical treatment is needed in some cases.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 81(5), 381-385, 2006-05-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018059604
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    7959606
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ