当科における嗅神経芽細胞腫の治療経験 Olfactory Neuroblastoma : The Hokkaido University Experience

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加納 里志 KANO Satoshi
    • 北海道大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 Department of Otolaryngology, Head & Neck Surgery, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 古田 康 FURUTA Yasushi
    • 北海道大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 Department of Otolaryngology, Head & Neck Surgery, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 本間 明宏 [他] HOMMA Akihiro
    • 北海道大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 Department of Otolaryngology, Head & Neck Surgery, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 折舘 伸彦 ORIDATE Nobuhiko
    • 北海道大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 Department of Otolaryngology, Head & Neck Surgery, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 樋口 榮作 HIGUCHI Eisaku
    • 北海道大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 Department of Otolaryngology, Head & Neck Surgery, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 鈴木 章之 SUZUKI Fumiyuki
    • 北海道大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 Department of Otolaryngology, Head & Neck Surgery, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 永橋 立望 NAGAHASHI Tatsumi
    • 国立病院機構北海道がんセンター耳鼻咽喉科 Department of Otolaryngology, National Hospital Organization Hokkaido Cancer Center
    • 澤村 豊 SAWAMURA Yutaka
    • 北海道大学大学院医学研究科脳神経外科学分野 Department of Neurosurgery, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • 福田 諭 FUKUDA Satoshi
    • 北海道大学大学院医学研究科耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 Department of Otolaryngology, Head & Neck Surgery, Hokkaido University Graduate School of Medicine

抄録

嗅神経芽細胞腫は比較的まれな腫瘍であり,そのため,その治療法が確立されていない.今回我々は,北海道大学病院で経験した嗅神経芽細胞腫17症例に関し検討を行った.<br>対象:1980年4月-2004年3月の25年間に我々が治療を行った男性9例,女性8例,年齢は16-76歳で,平均年齢50.4歳.生存例の観察期間は1年8ヵ月-16年6ヵ月,平均7年9ヵ月であった.<br>結果:初回治療の内訳は手術単独が2例,手術+照射5例,手術+照射+化学療法2例,照射単独3例,照射+化学療法5例であった.治療の結果,手術単独または照射単独症例は全例局所再発をきたしたのに対し,手術+照射5例中3例は局所再発なく,さらに化学療法を併用した2例は2例共再発なく経過している.また,手術を施行せず照射と化学療法により制御されている症例も見られた.化学療法としてはifosfamide,cisplatin,etoposideのいわゆるICE療法を併用した6例中5例(83%)は再発を認めなかった.<br>全症例での5年粗生存率は75.5%,10年では64.7%であった.また,Hyamsの病理分類を検索しえた14例では,low-grade例(8例)の5年粗生存率は87.5%,high-grade例(6例)では33.3%であった.<br>結論:嗅神経芽細胞腫に対する治療として,手術に放射線治療と化学療法を組み合わせた集学的治療が生存率の向上に寄与する可能性が示唆された.また,病理学的分類が一つの予後因子であると考えられた.

Olfactory neuroblastoma is such a rare malignancy that no consensus has been reached on its management. We analyzed 17 patients with olfactory neuroblastoma treated between April 1980 and March 2004-9 men and 8 women, aged 16 to 76 years old (mean: 50.4 years). Follow-up of current survivors was 1 year 8 months to 16 years 6 months (average: 7 years 9 months). Initially, 2 were treated with surgery alone, 5 with surgery and radiotherapy, and 2 with a combination of these and chemotherapy. Without surgery, radiotherapy alone was conducted in 3 and combined of radiation and chemotherapy in 5. Three of the 5 patients treated with surgery and radiotherapy survive without locoregional recurrence as do 2 with chemotherapy added. All 5 initially treated with craniofacial resection survived more than 5 years. Combined radiotherapy and chemotherapy without surgery was effective in 2. 5- and 10-year overall survival for all patients were 75.5% and 64.7%. Overall 5-year survival of 8 patients with low-grade tumors was 87.5% and of 6 with high-grade tumors 33.3%. In conclusion, combined craniofacial resection plus radiotherapy and chemotherapy seemed to improve survival. Histopathological grading is a prognostic factors.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報  

    日本耳鼻咽喉科學會會報 109(5), 433-439, 2006-05-20 

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018059779
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    7976198
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ