1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)による食後高血糖のスクリーニング : 空腹時血糖値組み合わせ法 Screening Method for Postprandial Hyperglycemia Using 1,5-Anhydroglucitol Combined with Fasting Plasma Glucose

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 金沢 裕一 KANAZAWA Yuichi
    • (財)近畿健康管理センター滋賀事業部診療所 Foundation of Kinki Health Administration Center Shiga Department Clinic

抄録

糖尿病および心血管イベントのリスクと考えられる食後高血糖(postprandial hyperglycemia: PPHG)を示す人々をスクリーニングすることは,予防医学上極めて重要である.今回われわれは,1,5-AGの男女別カットオフ値を設定し,1,5-AGが境界域の場合に空腹時血糖値(fasting plasma glucose: FPG)と組み合わせるスクリーニングを考案した(以下,KKC法).KKC法によってPPHGの検出感度が83.3%で,陽性反応的中度: Positive Predictive Value(以下,PPV)が71.4%という結果を得た.FPG(カットオフ値95 mg/d<i>l</i>)によるスクリーニング法も同様の感度であったが,PPVが大きく低下していた.以上により,KKC法は空腹時1回採血のみで,食後高血糖を効率よくスクリーニングする方法と考えられた.現在KKC法を使用したスクリーニングにより,1,500人規模の事業所で毎年新たに10~20名のPPHGを効率的に発見している.

It is extremely important in preventive medicine to screen for postprandial hyperglycemia (PPHG), which is considered to be a risk factor for diabetes and macroangiopathy. We devised a screening method in which gender-segregated cutoff values for 1,5-anhydroglucitol (1,5-AG) were set and the 1,5-AG level was combined with the fasting plasma glucose (FPG) level in cases that fell close to the 1,5-AG threshold. We called this method the KKC method. Using the KKC method, we obtained a sensitivity of 83.3% and a positive predictive value (PPV) of 71.4% when screening for PPHG. The screening results for FPG (using a 95 mg/d<i>l</i> cutoff value) were also 83.3% for sensitivity but had a much lower PPV. The KKC method appears to be an efficient screening method for PPHG during the fasting state. We have efficiently discovered 10-20 new subjects with PPHG every year in a community of 1,500 people using the KKC method.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 49(5), 319-323, 2006-05-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018060164
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    7986648
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ