食後高血糖と食後高脂血症を同時に観察するテストミールのパイロットモデルの開発 : テストミールAについての報告 The Test Meal A : A Pilot Model for the International Standard of Test Meal for an Assessment of Both Postprandial Hyperglycemia and Hyperlipidemia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 芳野 原 YOSHINO Gen
    • 東邦大学医学部内科学(大森)糖尿病代謝内分泌科 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine, Toho University School of Medicine
    • 平野 勉 [他] HIRANO Tsutomu
    • 昭和大学医学部第一内科・糖尿病代謝内科 First Department of Internal Medicine, Showa University School of Medicine
    • 田中 明 TANAKA Akira
    • 関東学院大学人間環境学部健康栄養学科 Department of Health and Nutrition, College of Human and Environmental Studies, Kanto-gakuin University
    • 多田 紀夫 TADA Norio
    • 東京慈恵会医科大学付属柏病院内科 Division of General Medicine, Kashiwa Hospital, Department of Internal Medicine, The Jikei University School of Medicine
    • 小沼 富男 ONUMA Tomio
    • 順天堂大学医学部付属順天堂東京江東高齢者医療センター糖尿病・内分泌内科 Internal Medicine, Diabetes and Endocrinology, Juntendo Geriatric Medical Center, Juntendo University School of Medicine
    • 桑島 正道 KUWASHIMA Masamichi
    • 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部病態情報医学講座 Department of Clinical Biology and Medicine, Institute of Health Bioscience, The University of Tokushima Graduate School
    • 及川 眞一 OIKAWA Shinnichi
    • 日本医科大学第三内科内分泌代謝科 Division of Endocrinology and Metabolism, The Third Department of Medicine, Nippon Medical School
    • 本田 佳子 HONDA Keiko
    • 女子栄養大学栄養学部実践栄養学科医療栄養学 Department of Applied Nutrition (Medicine Nutrition) Undergraduate School of Nutrition Sciences, Kagawa Nutrition University

抄録

食後高血糖のみならず,食後高脂血症も動脈硬化進展に寄与することが報告されている.すでに海外国内ともに,Impaired Glucose Tolerance (IGT),あるいは糖負荷後の血糖上昇が冠動脈疾患のリスクであることが報告されている.一方,食後高脂血症,特に食後に増加するレムナント粒子は動脈硬化惹起性であるとされている.そこで,食後高血糖と食後高脂血症を同時に評価できるような国際標準となるテストミールの開発が必要となった.このような考えのもとに,日本糖尿病学会において糖尿病関連検査の標準化に関する委員会が立ち上げられ,同委員会から召集されたテストミール開発ワーキンググループは,どのような医療施設においてもテスト可能な食事負荷試験のテストミールのパイロットモデルを開発した.本テストミールの総エネルギ量は450kcalとし,エネルギー比率は炭水化物51.4%,脂質33.3%,蛋白質15.3%とした.被験者としてテストミール負荷試験の1週間後に糖負荷試験を実施できたのは糖尿病症例18例,IGT例12例,正常耐糖能(NGT)者29例で合計59例である.テストミール負荷試験後と糖負荷試験後いずれの血糖値も各対応する採血時点で両群間に正相関を認め,糖負荷後2時間値が200 mg/d<i>l</i>の場合,テストミール負荷後の同値はほぼ150 mg/d<i>l</i>に相当し,糖負荷後2時間値が140 mg/d<i>l</i>の場合,テストミール負荷後はほぼ110 mg/d<i>l</i>に相当した.一方,空腹時の血中トリグリセリド値で,高トリグリセリド血症群(16例)と正常トリグリセリド血症群(51例)に分類し,それぞれの血中トリグリセリド変動曲線を観察すると,空腹時正常トリグリセリド血症群でのみ食後に血中トリグリセリド値が軽微ではあるが有意に上昇した.以上,本テストミールは食後の血糖値,血清トリグリセリド値上昇を検討する食事負荷試験のパイロットモデルとなるものと思われた.

Not only postprandial hyperglycemia, but also postprandial hyperlipidemia contributes to the development of atherosclerosis. International standards for test meals used to assess both postprandial hyperglycemia and hyperlipidemia simultaneously must now be established. In this report, we prepared a "test meal A" containing a total energy of 450 kcal with 51.4% from carbohydrates, 33.3% from fats and 15.3% from proteins. Eighteen diabetics, 12 IGTs and 29 subjects with normal glucose tolerance, were enrolled in this study. An oral glucose tolerance test was performed one week after the test meal load. There was a close relationship between blood glucose values at 2 hours after glucose loading and at 2 hours after test meal loading. The blood glucose value of 200 mg/d<i>l</i> at 2 hours after glucose loading corresponded to 150 mg/d<i>l</i> at the same sampling point after test meal loading, and the blood glucose value of 140 mg/d<i>l</i> at 2 hours after glucose loading corresponded to 110 mg/d<i>l</i> at the same sampling point after test meal loading. A significant elevation in plasma triglyceride was found in normotriglyceridemic subjects after the test meal load. Thus, the "test meal A", which we demonstrated here, could be used as a pilot model for the assessment of both postprandial hyperglycemia and hyperlipidemia simultaneously in diabetic subjects.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 49(5), 361-371, 2006-05-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018060286
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    7986741
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ