高血圧症に対する薬物療法の現状とこれから Current and future strategy for antihypertensive medication

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国では4人に1人が高血圧症であると言われ,心血管病の予防の面からもその治療は重要である.高血圧症は生活習慣病の代表的なものの1つで,食塩摂取などの食事や肥満などの生活習慣を是正すれば高血圧症患者のかなりの割合は降圧薬を使用しなくても血圧のコントロールが可能と思われる.しかしながら,現実には生活習慣の是正による血圧コントロールは困難であり,降圧薬による高血圧症の治療が必要となる.現在わが国で使用されている主な降圧薬は,Ca拮抗薬,ACE阻害薬,アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB),利尿薬,β遮断薬,α遮断薬であり,それぞれの薬剤において多くのエビデンスが蓄積されてきた.それらを基にわが国ではJSH2004が発表され,それに準拠したそれら降圧薬の使用が推奨されている.本稿ではわが国における高血圧症に対する薬物療法の現状と今後についてまとめてみた.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 127(5), 393-398, 2006-05-01 

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018061891
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    7951631
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ