尾瀬ヶ原のアカシボ現象に関する研究 : 尾瀬ケ原のアカシボにみられる無脊椎動物 Researches on red snow "Akashibo" in the Ozegahara mire Central Japan : occurrence of invertebrates in red snow "Akashibo"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 春の融雪期に, 尾瀬ケ原の一部で, 例年「アカシボ」と呼ばれる彩雪現象がみられる。このアカシボ雪の中や表面に, 線虫類, ソコミジンコ類, ケンミジンコ類, ミズダニ類, クマムシ類, 貧毛類, ガガンボ科幼虫, ヌカカ科幼虫, ユスリカ科幼虫などが出現した。この中でも特に, ソコミジンコ類, 貧毛類, ガガンボ科幼虫, ヌカカ科幼虫, ユスリカ科幼虫の密度が高かった。見本園アカシボの総密度は雪中で2.4~3.6×10<sup>4</sup>個体m<sup>-2</sup>, 雪表面で0.3~2.2×10<sup>3</sup>個体m<sup>-2</sup>であった。見本園の根雪前, 融雪後のアカシボ残存物中にはアカシボ雪と共通の分類群が出現することより, アカシボ雪の無脊椎動物は湿原の土壌動物に由来するものと推定された。土壌動物がアカシボ雪中に移動する原因として, 融雪期に積雪下の地表面が湛水すること, 溶存酸素濃度が低下すること, さらにアカシボ雪の形成時にFe<sup>2+</sup>の酸化のために, 酸素が消費され, 雪中の酸素濃度が低下することが推定された。雪原食物網研究の重要性について考察した。

Various invertebrates, nematodes, oligochaetes, harpacticoids, tardigrades, cladocerans, mites, larvae of dipteran insects (tipulids, ceratopogonids and chironomids), appeared internivean and supranivean in Akashibo snow, a kind of red snow in the Ozegahara Mire, an extensive marshland in Central Japan (altitude 1400 m, area 7.6 km<sup>2</sup>). Densities of total animals were 2.4-3.6×10<sup>4</sup> ind m<sup>-2</sup> in internivean and 0.3-2.2×10<sup>3</sup> ind m<sup>-2</sup> on supranivean. These invertebrates seemed to migrate up from the peat surface into snow due to a decline of decrease in oxygen concentrations at subnivean environments and in/on snow during the development of Akashibo. The food web on Akashibo snow is discussed from the viewpoint of snow ecology.

収録刊行物

  • 陸水學雜誌 = JAPANESE JOURNAL OF LIMNOLOGY  

    陸水學雜誌 = JAPANESE JOURNAL OF LIMNOLOGY 67(2), 81-93, 2006-08-20 

    The Japanese Society of Limnology

参考文献:  55件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018064930
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0024866X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00215104
  • NDL 記事登録ID
    8092117
  • NDL 雑誌分類
    ZM44(科学技術--地球科学--海洋・陸水・火山)
  • NDL 請求記号
    Z15-149
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ