黒毛和種の発育不良牛における発育と血清インスリン様成長因子-1濃度 Growth and Concentration of Serum Insulin-like Growth Factor-1 in Japanese Black Cattle with Growth Retardation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

黒毛和種の発育不良牛の発育とインスリン様成長因子(IGF)-1の関係を検討することを目的に、食欲が正常で下痢や肺炎の症状を示さない発育不良牛(雄8頭、雌8頭、去勢1頭)の体重、体高およびIGF-1を測定した。発育不良牛の体重および体高充足率は、正常牛のそれぞれ約30%および80%で、削痩体型を示していた。平均日増体重は約0.3kgで、"追いつき成長"を示さなかった。また血清IGF-1濃度は、初診時、観察終了時ともに低かった。このことは、下痢や肺炎のような発育不良の原因がなく、正常な食欲を示しても、血清IGF-1濃度が低い場合、発育不良牛は十分に発育できないことを示していた。したがって、IGF-1は発育不良牛の発育、つまり肉用としての予後を知るための指標になる可能性が高いと考えられた。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(9), 603-606, 2006-09-20 

    日本獸医師会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018069174
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    8092284
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ